個人間融資で大口融資は可能?不可能?危険?体験談と解決策




大口融資を申し込んだものの借りられなかったという場合、個人間融資で大口融資を受けようかと悩みますよね。

個人間融資でも大口融資は行われているのでしょうか。

また個人間融資で大口融資を受けても大丈夫なのか、危険性やリスクはあるのかと言う事についても気になるポイントとなりますね。

 

今回は個人間融資で大口融資を受けるという場合、可能であるのか、危険性やリスクは無いのかなどなどをお送りしていきますね。

 

個人間融資での大口融資は可能?

まず個人間融資での大口融資は可能かと言うことについてですが、可能ではあります。

ただし、希望している融資額を融資してくれる個人間融資の相手が見つかるかは微妙です。

というのも、大口融資として希望する額が50万円から100万円ほどであれば、個人間融資に応じている人は少ないものの存在しています。

ところが、大口融資として思い描いている額が3000万円、4000万円などとなると、個人間融資でそこまでの額を貸せると提示している人事態が少ないのです。

 

そのため個人間融資で借りれる額は個人で用意できている額までとなるので、大口融資の額が膨大だと、貸してくれる人を見つけるのが大変です。

 

大口融資可能な個人間融資は闇金?

大口融資可能な個人間融資が見つかったとしても注意してほしいのです。

というのも、大口融資の額が3000万円、4000万円と高額なのにもかかわらず、貸せるという事はそれだけ大きなお金を個人で扱っているという事になりますね。

貸す余裕もあるということです。

そうなると個人であるということは少し考えにくくなってきませんか?

個人間融資と称しながら、実は大手闇金融などが裏にあるという場合は、高額な大口融資に答えられるという事も考えやすくなりますよね。

 

大口融資の額が髙ければ高いほど、本当に個人間融資なのか、ほかの組織が関係していないか疑う必要がありますよ。

 

個人間融資で大口融資をした場合のリスクは?

個人間融資を利用した場合、少額であっても様々なリスクがあります。

高すぎる金利でいつまでも完済できない。

相手が意図的に完済させないように仕向けてくる。

個人情報が流出して自宅に嫌がらせされる。

取り立てが恐ろしい。

電話が何度もかかってきたり迷惑メールが増える。

生命保険に入らせて完済させようとしてくる。

等々、トラブルが発生することがあるのです。

金額が少額であればあるほど、これらのトラブルが起きたときに解決することができますよね。

一括完済して相手との関係を断ち切れば何とか収集がつくからです。

しかし、大口融資でなかなか完済も出来ずトラブルが起こってしまった場合、解決することが難しくなってしまいますよね。

精神的にも追い詰められてしまうでしょう。

ただでさえ大口融資と言う膨大な額を借りるのにも関わらず、個人間融資の法外的な金利で請求されると、完済は不可能に近いですね。

個人間融資の大口融資は避けるべき?

単刀直入に申し上げますと、個人融資での大口融資は避けるべきだと言えます。

というのも、大口融資を大手消費者金融が銀行で断られたということは、あなたになんらかの事情があり、額に関係なく借りることができないという事もありますが、額が額であるため支払い能力が無いと判断されているとも考えられます。

 

支払い完済するのは不可能であるという厳正な審査に落ちているのにも関わらず、無理をして個人間融資で大口融資を受けたところで、借金地獄になってしまいますよ。

 

大口融資をなんらかの形で受けたいのなら、まずは自分の支払い能力を高め、大手消費者金融や銀行から借りたほうがマシです。

 

大口融資を個人融資で行うということはかなりの大きなリスクが伴いますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です