きっと美しくなると心に誓った日からダイエットは始まりました

40代以降の女性であれば、おそらく、多くの方が似たような感覚を経験されていることと思います。
若いころと、男性方の自分への対応が違い過ぎる・・・。
そうです、日本は若さが崇められる国なのです。

そんなことは十分に知っているのですが、最愛の人に、つい最近言われてしまいました。
ある男性俳優にそっくりだと。

こんなことがあって良いのでしょうか。

その日から私のダイエットは始まったのでした。

ルールは簡単です。
眠る3時間前には食べないことです。

よく、コントなどでも扱われている、中年以降太るのは好きなだけ食べているからではないの?という率直な切込みですが、
すみません、ちゃんと当たっています。
それに、ストレス解消に必要だからさーと、言い訳をしながらの眠る直前までの晩酌の習慣も、
ダイエットにはよろしくないことは、本当はしっかりわかっているのです。

40代をすっかり超えても、当然れっきとした女性ですので、男優に似ているには傷付きましたよ。深くです。
年を経るごとに、女性は実は、心は乙女に戻っていくのだという美しいフレーズを述べてくれたのは、誰だったでしょうか。

眠る3時間前からは一切ものを食べないと固く誓ってから、そろそろひと月ですが、
確実に痩せています。既に2キロ以上です。3キロ減も、視野に入っています。とても嬉しいです。
ここで私は、膝下くらいのミニスカートを穿いて、自分にさらに発破を掛けます。

こうして調子に乗ってくると面白いことに、最愛の人のコメントも、だんだんどうでもよくなってきます。
言われた言葉を心に刺さった棘のようにいつまでも感じてくよくよとしているなんて、それこそダイエットの敵です。
それより、洋服屋さんで自分に似合う装いについてお洒落な店員さんと会話をするほうが、よほど、美容にも良いものです。

最近では、パフェが再び人気らしく、豪勢なパフェが、割合に手軽な値段で近所のカフェで食べられます。

眠る前にはお腹をグーグーと鳴らしながら毎晩空腹に耐えているのですから、昼間はたまに、
このパフェを頂くことも、自分に許しています。

思い悩まないこと、そして、甘いものも適度に食べること。
こんなルールを自分に許してあげられることは、やはり40年以上、女性を続けてきたからこそです。

とか何とか言いつつ、結局甘いところでは自分に甘い私ですが、
要は、やはり3キロほどダイエットができると、誰より自分が気分がよいということです。

最愛の人が存在していることも、その人も言葉も、やはり自分には必要なのだと、改めて自覚している今日このごろです。
ダイエット、愉しんでます!!

身体も心もぐんと軽やかになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です